IT

ソフトバンク孫会長「決算内容はボロボロ」「真っ赤っかで大嵐」 

 ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長の記者会見での主なやりとりは次の通り。

 「今回の決算の発表内容はぼろぼろだ。真っ赤っかの大赤字。四半期でこれだけの赤字を出したのは創業以来で、まさに台風、大嵐というような状況だ」

 -米ウィーカンパニーの業績が与えた影響は

 「投資ファンドへの成績、ソフトバンクグループに対する影響は非常に大きい。私の投資判断がまずかったと大いに反省している」

 -なぜウィーの企業価値を見誤ったのか

 「経営者のアダム・ニューマン氏を過大評価してしまった」

 -ウィーの再建計画は

 「増益体制ができるまで新たな物件契約を停止し、不採算事業を整理する。経営再建を何度となく成功させてきた自負がある」

 -投資ファンドの先行きは

 「第1弾ファンドは投資枠がなくなり、終了した。第2弾はおおむね同程度の規模で、予定通りスタートする」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus