メーカー

EV多様化の象徴、走りの性能際立つ ポルシェ「タイカン」

 ポルシェによる初の電気自動車(EV)「タイカン」の投入は、欧州や中国などでの環境規制強化を背景に、EVの多様化が進んできたことを象徴している。ポルシェはタイカンについて、「真のスポーツカーだ」と強調しており、エンジン車で高く評価されてきた走行性能をEVでも前面に出す。消費者にとって、数ある車の中からEVを選ぶ動機づけはまだ弱いが、タイカンのように際立った特徴を持つ商品が増えれば、市場の活性化につながる可能性がある。

 ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュ社長は20日、東京都内で開いたタイカンの発表会で、「かつて馬車が車に、電話がスマートフォンに置き換わったような革命的なパラダイムシフトが自動車でも起きる」と、EVの将来性を強調した。

 今月閉幕した東京モーターショーでも、ホンダが都市型EV「ホンダe」、マツダは同社初のEVでスポーツ用多目的車(SUV)の「MX-30」を出展。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」も、22日から中国で開催される広州モーターショーに、市販モデルとしては初めてのEVを公開する予定だ。

 ただ、足元ではEVはニッチな商品に過ぎない。充電インフラの設置は進んできたが、消費者の“電欠”への懸念はまだ強い。日本自動車販売協会連合会によると、先月の国内乗用車販売台数に占めるEVの比率は0・6%。また、搭載する電池のコストが大きいため、自動車メーカーにとってEVは「売ってももうからない商品」(アナリスト)といえる。

 もっとも、ポルシェのような高級ブランドなら、EVの欠点を克服しやすい。ブランド力が付加価値となり、高価格で売ることができるため、コストを吸収できるからだ。

 日産自動車は、4輪それぞれの動きを緻密に制御する4輪駆動EVを開発中で、EV特有の乗り味を打ち出したい考え。現在は緩やかなEVの普及ペースが加速されるかは、魅力的な商品が増えるかどうかに左右されそうだ。(高橋寛次)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus