メーカー

パナソニック、液晶パネル生産から撤退へ 中国とも競争激化

 パナソニックは21日、令和3年中に液晶パネルの生産事業から撤退すると発表した。今年度中の営業黒字化を目指していたが、投資を加速する中国メーカーなど新興国勢との競争が激化し、将来にわたり採算の好転が見込めないと判断した。

 パナソニック傘下で液晶パネル生産を担う「パナソニック液晶ディスプレイ」(兵庫県姫路市)については、現時点で売却や譲渡などの方針を決めておらず、約500人いる人員はグループ内での配置転換で対応する。

 同市の工場の一部はすでに車載電池の生産拠点として使われており、具体的な活用策は今後検討する。

 姫路工場では平成22年に薄型テレビ向けの液晶パネルの量産を開始したが、業績が低迷し、28年にテレビ向けから撤退。その後は画像診断を行う医療向けやカーナビをはじめとした車載向けなどのパネルに絞って生産していたが、営業赤字が続いていたとみられる。

 大阪市内で会見した同社の担当者は「生産終了が業績に与える影響は軽微にとどまる」としている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus