メーカー

パナ、液晶パネル生産撤退 21年めど、競争激化で採算悪化

 パナソニックは21日、液晶パネル生産事業から2021年をめどに撤退すると発表した。傘下のパナソニック液晶ディスプレイ(PLD、兵庫県姫路市)で生産を終了する。中国メーカーとの競争激化で採算が悪化、事業継続が困難だと判断した。パネル生産の姫路工場は存続させ、自動車向け電池などの生産拠点として活用する。雇用も維持する。

 PLDの従業員は約500人いる。異動や再配置を基本とし、雇用確保を前提に労使協議を進める。従業員の削減はしない方針という。

 PLDの前身会社は10年、姫路工場でテレビ向け液晶パネルの生産を始めた。しかし、大量生産でコスト競争力を高めた中国メーカーなどとの厳しい価格競争にさらされ、16年にテレビ向けの生産を終了した。

 その後は、カーナビを含むとみられる車載用や医療機器向けに特化して生産を続けてきたが、今回で完全に撤退する。

 パナソニックは、20年3月期連結決算で液晶パネル事業の営業黒字を目指していたが、中間期で赤字となっていた。業績への影響は「軽微だ」と説明している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus