メーカー

宇宙日本食に「やきとり缶詰」 ホテイフーズがJAXAから認証

 ホテイフーズコーポレーション(静岡市)の「やきとり缶詰」が宇宙航空研究開発機構(JAXA)から「宇宙日本食」の認証を受けた。「食肉缶詰」では初めてで、今後、野口聡一さんら日本人宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する際に提供される可能性がある。

 ホテイの担当者は「無重力空間での娯楽の一つとして、おつまみ気分で味わってほしい」としている。

 認証されたのは「たれ味」と「柚子こしょう味」の2種類。「宇宙空間で飛び散らない」「賞味期限が常温で1年半以上である」といった基本条件を既に市販している商品がクリア。製造工程や衛生管理などもJAXA基準を満たし、申請から2年7カ月後の10月下旬に認証を取得した。

 宇宙日本食の缶詰は無地で、無重力空間で浮かんでしまい、どこにいったか分からなくなるのを防ぐため、缶に面ファスナーを付けて固定できるようにした。

 来年初めには宇宙日本食の専用ロゴマークを入れた記念商品を期間限定で販売する。

 ホテイによると、宇宙日本食は10月25日現在、20社・団体の36品目が認証されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus