IT

楽天モバイルで3時間近く通信障害 携帯事業で問題頻発、信頼揺らぐ

 楽天モバイルは10日、自社の通信網を活用した携帯電話サービスで3時間近く通信障害が発生したことを明らかにした。午前8時30分頃から11時15分頃までの間、通信障害が起こり、一部の利用者が音声通話とデータ通信を利用できなくなった。楽天の携帯事業をめぐっては問題が頻発しており、通信インフラを担う企業として信頼を失いかねない厳しい状況となっている。

 楽天モバイルが自社回線による限定サービスを10月に開始して以来、通信障害が発生するのは初。原因は「一部の通信設備の不具合によるもので、システムを復旧させて解消した」(広報)という。楽天モバイルは「お客さまにはご迷惑をおかけしましたことを深くおわび申し上げます」としている。

 楽天は10月に開始予定だった携帯電話の本格サービスを基地局整備の遅れなどで来春まで延期した。これに伴い、10月からは半年間の予定で、利用者を東名阪と神戸市に住む約5千人に対象を絞り通話やデータ通信を無料で提供する限定的なサービスを行っている。

 だが、限定サービスでも開始当初から利用者が通信にうまく接続できない問題が発生し、利用者からの相談が相次ぐ事態となった。12月初には本格サービス開始時の仮の料金プランの画像が流出する問題も起こった。そして今回、初の通信障害が発生するなど、開始したばかりの携帯事業で問題発生に歯止めがかかっておらず、楽天に向けられる目は今後さらに厳しくなりそうだ。

 楽天は通信網にクラウドを使った「仮想化」と呼ぶ新技術を全面採用する方針だ。携帯会社として世界初の試みであるだけに「想定外の障害が多く、技術的なハードルも高いのではないか」と、問題頻発の原因と推測する関係者もいる。

 楽天は東名阪の大都市では自前の基地局を整備し、他の地域ではKDDI(au)の回線につながる仕組みをとる。来年3月末までに3432局の基地局を開設する計画。総務省から基地局整備の遅れを理由に行政指導を受けたが、年末までに計3千局の基地局を稼働するとしており、計画通りに基地局の整備が進むかも今後の焦点になる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus