メーカー

電動アシスト自転車は五輪が商機 ブリヂストンが通勤需要増見込み新型発表

 来夏の東京五輪・パラリンピック中の首都圏での交通渋滞が予想されるなか、都会での自転車通勤需要の取り込みを狙ってブリヂストンサイクルは11日、新型電動アシスト自転車「TB1e」を発表した。スポーツタイプの走行性やデザイン性に“ママチャリ”のような実用性も融合。メーカー各社はこうした「電動クロスバイク」市場が大会中の交通問題を機に拡大する可能性を見込む。

 来年2月上旬発売のTB1eは見た目はスポーツタイプ。ハンドルは横にまっすぐなフラット型で、サドルも細身。チェーンやギアが見え、フレームは直線的デザインだ。

 最大の特徴は下り坂やブレーキ時の走行中に充電する機能で、走行距離が4割アップ。一般的な使い方なら従来3週間に1度必要だった充電が1カ月に1度で済み、走り方次第でさらに頻度が減る。

 一方で、ママチャリとも呼ばれる「軽快車」と同じタイヤを使用し、ペダル周囲のチェーンはカバー付き。通常のクロスバイクにはない泥よけやライト、サークル錠も標準装備として、日常使いでの利便性を高めた。12万9800円(消費税別)。

 1993年に世界で初めて電動アシスト車を投入したヤマハ発動機も、「PAS Brace(ブレイス)」(税別16万1000円)などスポーティーさと利便性を両立させたクロスバイクタイプをそろえてきている。

 背景には「ユーザー層の変化がある」と、ブリヂストンサイクルの瀬戸慶太マーケティング本部長は話す。ここ10年ほどで高齢者や子育て世代に限らず、通勤・通学利用が増えている。自転車産業振興協会による自転車利用者全体の調査では、通勤用途の人は2012年の20.5%から18年には22.9%に増加。国も昨年決定した「自転車活用推進計画」で自転車通勤を促進するなか、スーツでも乗れるかっこいいデザインの型の需要が高まっているというわけだ。

 五輪などの大会期間中は一般道も含め交通規制が行われ、鉄道も時差通勤が推奨されている。電動アシスト車メーカーで大会スポンサーでもあるパナソニックはクロスバイク型の「ジェッター」の五輪デザイン車を来年1月に発売し、需要喚起を狙う。ヤマハ発の担当者は「都心部での通勤需要が増えているなか、来年はさらに伸びる可能性がある」と“五輪特需”に期待している。(今村義丈)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus