迫力を動画で

「H3」ロケット分離試験を公開 JAXAと三菱重工業

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は17日、兵庫県播磨町の川崎重工業播磨工場で、次世代ロケット「H3」の先端部に取り付けるカバー「フェアリング」を分離する試験を公開した。

 H3ロケットは、現行のH2A、H2Bの後継機。令和2年度後半に試験機を打ち上げる予定で、総事業費は約1900億円。フェアリングの開発は川崎重工業が担当している。

 試験では、高さ16.4メートルのフェアリング内部の火薬を発火させると、割れるように正常に分離した。JAXA・H3プロジェクトチームの岡田匡史プロジェクトマネージャは「山場を一つ越えてホッとしている。開発は8合目だが、道はさらに険しくなる」と話した。

Sankei News YouTube Channel

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus