話題・その他

渋谷はもう若者だけの街ではない 再開発が見せる「進化のダイナミズム」 (1/2ページ)

 【Shibuya進化論(下)】

 「入場制限中」の赤い文字が掲出された、20日夕方の渋谷PARCO(パルコ)6階フロア。子供を連れた母親、学生、大きなキャリーケースを携えた外国人観光客らがつくる行列は、下のフロアの階段にまで続いている。彼らが目指す先は、大手ゲームメーカー任天堂の日本初となる直営店「Nintendo TOKYO(ニンテンドー・トーキョー)」だ。

 世界的人気ゲームのキャラクターグッズなどが目当てで、この日は入店まで15分待ち。90分以上に及ぶ日もある。11月にリニューアルオープンした渋谷PARCOで、以前では見られなかった光景だという。

 多様性と創造的

 渋谷駅周辺は再開発に伴い、多くの複合施設などが開業。平成24年の渋谷ヒカリエを皮切りに、渋谷ストリーム、渋谷フクラス、渋谷スクランブルスクエア東棟が続いた。「若者の街」というイメージがある渋谷だが、これらの新規店舗は決して若者向けだけではない。

 12月にオープンした東急プラザ渋谷では、「成熟した大人」をターゲットに店舗を展開。東急不動産は「渋谷は路地1本入れば立ち飲み屋があり、さらに奥には高級住宅街の松濤地区など、さまざまな面がある。新しい年齢層を取り込むことで、街の多様性を深められれば」と話す。

 取材を進めると、さまざまな人の口から「渋谷は多様性がある」という言葉が出てくる。昭和48年から渋谷に居を構える渋谷PARCOの柏本高志店長は、「それぞれの通りにカルチャーや味わいがあり、ダイバーシティ感(多様性)とクリエーティブ(創造的)なのが渋谷の特徴」という。

 渋谷PARCOの6階は「CYBERSPACE SHIBUYA(サイバースペース・シブヤ)」と題したフロアとなっており、「Nintendo TOKYO」のほかに人気ゲーム「ポケモン」「刀剣乱舞」といったゲーム・アニメ関係の店舗が多く入店している。こういったラインアップは従来の渋谷のイメージとは少々異なっている。柏本店長は「アニメなどは既に1つのカルチャーとなっている。そして渋谷だからこそ、他のカルチャーと融合することができる」と説明する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus