ハザードマップ

AWH(旧淡島ホテル)/ジュピット ゲームのヒット続かず、借入金重し

 ▼AWH AWH(旧淡島ホテル)は2019年12月20日、静岡地裁沼津支部から破産開始決定を受けた。

 リゾート施設の「あわしまマリンパーク」を旧東京相和銀行の系列企業が買収し、淡島マリンパークの商号で設立。1991年10月、リゾートホテルを開設し、92年1月に淡島アイランドリゾート、97年6月に淡島ホテルに商号を変更。2012年6月には会社分割で、あわしまマリンパーク事業を淡島マリンパークに譲渡した。

 運営していたホテルは伊豆半島の西の付け根、駿河湾に浮かぶ小さな島にあり、会員制の高級リゾートホテルとして各界の著名人や政治家なども宿泊。アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」の登場人物の実家のホテルとしても知られている。

 しかし、グループ企業が運営するホテル会員向けの社債などが弁済できず、トラブルが発生。18年に入ると、所有不動産に対して法人や個人、官公庁から多数の差し押さえや代物弁済が実行されていた。この間、18年4月にはオーロラ(名古屋市中区)の子会社となり、ホテル運営は別会社に譲渡。19年7月に債権者から破産を申し立てられ、今回の措置となった。

 ▼ジュピット ジュピットは2019年12月、東京地裁から破産開始決定を受けた。

 スマートフォン向けのソーシャルゲーム開発を主に手掛けていた。オンラインゲーム「ヤマトクロニクル 覚醒」やスマートフォン向けゲーム「初恋の歌」などが評価を受け、16年3月期には7億1003万円の売上高を計上していた。

 その後も「エターナルリンケージ~蒼穹のアムネシア~」などの作品をリリースしたが低調に推移し、17年3月期の売上高は5億8094万円に減少。さらに、先行するゲーム開発への投資や金融機関からの借り入れも負担となり、厳しい資金繰りが続いていた。19年10月にはソーシャルゲーム「剣と天秤のディテクタシー」のサービスが終了し、動向が注目されていた。

                   ◇

【会社概要】AWH

 ▽本社=静岡県沼津市

 ▽設立=1983年9月

 ▽資本金=1000万円

 ▽負債額=約400億円

                   ◇

【会社概要】ジュピット

 ▽本社=東京都中央区

 ▽設立=2006年8月

 ▽資本金=100万円

 ▽負債額=4億7684万円

                   ◇

 〈チェックポイント〉

 AWHは運営していたホテルが人気アニメにも登場し「聖地化」するなどして知名度を高めたが、経営実態は惨憺(さんたん)たる内容だった。ホテルは他社に譲渡され、運営を継続している。一方、AWHに対するホテル会員権や社債を持つ債権者は約2000人に上り、勧誘方法なども含めて社会問題化する様相を呈している。

 ジュピットはヒット作が続かず、開発費に投入した借入金が経営を圧迫した。ソーシャルゲームは莫大(ばくだい)な市場へと拡大し、一気に上場にこぎ着ける成長企業も続出した。ただ年々、競合激化も加速している。ヒットの有無と経営体力が会社の命運を左右し、経営基盤の弱い開発会社から淘汰(とうた)の波にさらされている。(東京商工リサーチ常務情報本部長・友田信男)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus