トップは語る

キリンシティ クラフト専門店で20代市場開拓

 □キリンシティ社長・江田雄太さん(47)

 --クラフトビール専門の飲食店「クラフトマルシェ」の1号店を恵比寿に開業した

 「キリンブランドの顧客接点として創業し、ビアレストラン『キリンシティ』など2ブランドの飲食店を展開してきたが、中心顧客は40代~60代と年齢層が上がってきた。今回のクラフトマルシェは、クラフトビールが浸透している20代の若年層をターゲットに、ビールのおいしさや楽しさを感じてもらえる店を狙った」

 --注文決済をスマートフォンで客が行う「セルフオーダー&ペイ」を初めて導入した。目標は

 「客単価3000円前後とキリンシティ既存店と同程度を目指す。キリンビールが展開するクラフトビール専用の小型多品種サーバー『タップマルシェ』を4台入れ、常時12~16種類を3サイズから選べる。セルフオーダーはLINEアプリとの連携で注文履歴が残るので、お勧めビールの提案や誘客マーケティングも行う予定だ」

 --店舗運営上で既存店との違いは

 「ブランドのもう一つの狙いが、人手不足対応など課題がある中で収益構造がしっかりした業態を作り上げることだ。38席と小規模で投資コストを抑え、少人数でも運営できる設計だ。営業時間やメニューなどを工夫し、既存店と比べて従業員の労働時間は約50%削減した。都内で2号店目を、また、キリンシティ近隣での展開や既存店からの転換も考えたい」

 --セルフオーダーの水平展開は

 「キリンシティへの導入は現時点では考えていない。とはいえ人手不足や運営効率化は課題で、今は4店舗でタッチパネルで客が注文する仕組みを入れた。従業員を呼ばずに済み、注文時のストレスがない点では好評だ。外国人客への言語対応もタッチパネルなら簡単にできる。分析を続けながら全国へ広げたい」

                   ◇

【プロフィル】江田雄太

 えだ・ゆうた 青山学院大経済学部卒。1995年キリンビール入社。広域販売促進部、マーケティング部商品担当などを経て、2012年3月同部メディア戦略グループ主査。16年4月、九州統括本部長崎支社支社長。18年3月より現職。東京都出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus