話題・その他

無料バスや貸し自転車で観光促進を 水戸の梅まつりで実証実験

 日本三名園の一つ、水戸市の偕楽(かいらく)園で「水戸の梅まつり」が開幕した15日、来場者をICT(情報通信技術)を使った無料バスや貸し自転車で、さらに市内各地の観光へ導こうという実証実験がスタートした。

 実験は茨城県と水戸市、NTTドコモ、JR東日本水戸支社の4者が協力。3月29日までの梅まつりの期間中、水戸を訪れた観光客のために、ドコモが市内の歴史館や百貨店など16カ所で乗降できる無料のバス(8人乗り)を平日1台、土日祝日に2台運行するほか、10カ所で貸し出し・返却のできる電動アシスト付き自転車(30分経過後は有料)を20台用意する。

 バスや自転車はウェブサイトのほか、JRの観光情報アプリ「常磐線でGO!」でも予約できる。バスはAI(人工知能)が利用者のニーズを把握し、効率的なコースを走る。高橋靖・水戸市長は今回の試みについて「本格的に導入できれば、観光地として多様化できる」と期待を語った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus