サービス

新型肺炎 日航、韓国2路線で一部運休

 日本航空は18日、3月から成田-釜山、羽田-ソウルの韓国2路線で一部運休すると発表した。肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大で、需要が減少していることを受けた措置。日航や全日本空輸は、中国路線については減便や運休を相次いで発表しているが、韓国路線でも影響が出たのは今回が初めて。訪日を敬遠する動きが韓国でみられているという。

 一部運休するのは、成田-釜山線で3月1~29日まで、羽田-ソウル線で3月1日~28日まで。羽田-ソウル線で運航を続ける便については、より座席数の少ない機材を使用する。

 一方、中国本土や香港、台北の計5路線では減便を拡大。羽田-香港線では機材の小型化を実施する。今後も、需要の減少を受けた航空大手の減便などの対応が広がりそうだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus