メーカー

屋内禁煙で無煙たばこ脚光 JTとBAT、相次ぎ日本投入

 日本たばこ産業(JT)と英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)・ジャパンが、口に含んでニコチンを摂取するタイプの無煙たばこを相次いで発売した。4月の改正健康増進法の全面施行で屋内が原則禁煙となるため、各社は紙巻きたばこや加熱式たばこの代替製品として脚光を浴びると期待し、販売に力を入れている。

 こうした商品は「かぎたばこ」と呼ばれ、タバコの葉を包んだ袋を唇の裏に挟んで使用する。スウェーデンなどで愛好されており、灰や煙が出ないことから、改正健康増進法の全面施行後も屋内で使用できる。

 JTは17日、かぎたばこ「ゼロスタイル・スヌース」の新商品として、抹茶ラテと梅の風味の2種類を発売した。日本人の好みに合わせた味で20個入り500円。スヌースは2013年から発売しているが、取扱店舗数を全国の約2000店まで拡大した。

 BATは13日から新商品「VELO(ベロ)」をオンラインストアで販売している。24日からは福岡市内のファミリーマートなどでも取り扱う。ミント味とベリー味があり、各20個入り580円。BATジャパンのジェームズ山中社長は「たばこを吸えない場所でもベロは楽しんでもらえる」と期待を示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus