IT

メルカリ、初の実店舗展開 21年までに全国10都市

 フリーマーケットアプリ大手のメルカリは20日、初の実店舗「メルカリステーション」を新宿マルイ本館(東京都新宿区)内に今春設けると発表した。出品する商品の撮影や梱包(こんぽう)、発送ができる。こうした作業が出品をためらう要因の一つになっており、利便性を高めて利用者を拡大する狙い。2021年夏までに全国10都市での展開を目指す。

 山田進太郎社長が都内で開いた戦略説明会で明らかにした。出品を増やす施策を進めることで「(メルカリには)さらなる成長のポテンシャルはある」と述べた。店舗では出品方法を学ぶ「メルカリ教室」も行う。

 商品を無人で発送できる投函(とうかん)箱「メルカリポスト」を今夏からドコモショップなどに順次設置することも発表した。アプリに表示されるQRコードをメルカリポストにかざすと発送ラベルが印刷され、商品に貼って投函するだけで発送できる。23年までに全国5000カ所の設置を目指す。

 メルカリに出品した商品の保管と発送作業を代行するサービスの試験運用も今月始める。詳細は今後公表する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus