業界団体だより

都遊協、駐輪場シェア 導入台数100台突破

 東京都遊技業協同組合(都遊協、理事長・阿部恭久氏)と駐輪場シェアサービス「みんちゅうSHARE-LIN」を運営しているアイキューソフィア(東京都新宿区)は2月12日、東京都新宿区の遊技会館で共同記者会見を開催した。

 「みんちゅうSHARE-LIN」は、1台でも自転車が止められるスペースを持っている土地所有者と、駐輪場を必要としている人をスマートフォンのアプリを介して結びつけるサービス。空き地や宅地の一部などわずかな空きスペースがあれば、その土地の所有者が有料駐輪場のオーナーになれ、駐輪希望者は利用したい駐輪場をアプリで検索・予約することができる。

 都遊協では昨年11月より、放置自転車対策として組合員ホールの遊休地などを地域に有料で貸し出す事業を開始。今回、導入台数が100台を突破したことを記念して記者会見が開かれた。阿部理事長は「組合員ホールが1台でも多く契約台数を増やし、地域貢献できれば」とコメント。アイキューソフィアの中野里美社長は都遊協の取り組みが、駐輪場不足や不正駐輪の解決につながることに期待を寄せた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus