話題・その他

静岡活躍企業 ミズ・バラエティー 栗田佳幸社長 個人に最適なサプリ提供で脚光 (1/2ページ)

 管理栄養士が健康状態などを聞き、個人に最適化されたサプリメントを提供する事業などで注目を集めるミズ・バラエティー。株主などさまざまなステークホルダー(利害関係者)との調和を大切に事業発展を目指す栗田佳幸社長(54)に企業経営への思いや今後の事業展開を聞いた。(那須慎一)

 --経営理念は

 「『一人一人が幸せになることである。一人一人とは、顧客であり仕入れ先であり家族であり従業員であり自分である。自分が社会の中で生きていることを認識し、一人一人が幸せになることを願い、自己の潜在能力を信じ、人の幸せに貢献したいと願い、そして貢献できたとき、社会は自分を生かし、自分の幸せは最大限化される』。この理念でいう幸せは、心を高めるための努力や自分の成長なくして到達できない幸せのことを指します。社会は自分を生かし、自分の幸せは最大限化されます。会社は、一人一人が成長して、人のお役に立てるようになり、それをもって報酬を得るための実践道場であると考えます」

 --現在注力している事業内容や主なターゲットは

 「主に管理栄養士が個人の健康状態や生活習慣を聞き、その個人に最適化したサプリメントを提供するための『デザインサプリ』というヘルスケア事業に注力しています。当社でサプリの製造を担当し、子会社のデザインサプリ(富士市)が販売します。主なターゲットはドラッグストアで、県内大手の杏林堂薬局などと一緒に取り組ませていただいています。当社が培った、サプリの製造や個人情報のセキュリティー管理、小口配送を生かした新事業で、徐々に売り上げを増やしています」

 --今に至る苦労や思いは

 「仕事をしていく中で、特に感じていることは、自力でできることは極めて限定的だという事実です。他人とつながり、他社とつながり、地域とつながることで、初めて事業に生命が吹き込まれていきます。それが理解できるまでに、本当にたくさんの失敗をしてきました。現代は、売り上げや利益だけでなく、さまざまなステークホルダーとの調和が必要です。心から相手のこと、社会のこと、環境のことを大切にしなければなりません」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus