話題・その他

「歴史的に前例ない」米メディア速報 五輪延期合意

 【ニューヨーク=上塚真由】新型コロナウイルスの感染拡大の影響で7月開幕予定の東京五輪・パラリンピックが1年程度の延期が決まり、米メディア各社も24日午前、速報で伝えた。

 米CNNテレビは、東京から特派員が生中継で報告。大会延期を求める声は各国の選手からも日増しに高まっていたとし、「安倍晋三首相には大会延期しか選択肢がなくなった」と指摘。「第1次、第2次大戦では中止となったが、五輪が延期されたことはない。われわれは歴史的に前例のない瞬間を迎えている」と伝えた。

 米主要各紙も電子版でトップ級ニュースとして報道。米紙ワシントン・ポストは「世界からの強い圧力と選手らの反発に直面し、IOC(国際オリンピック委員会)は(延期へと)方針を急に変更した」と指摘。「五輪は、新型コロナの影響で中止や延期を余儀なくされたあらゆるイベントの中で、最大のものだ」とし、大会延期は、政治、財政、競技の面でも大きな影響を及ぼすとした。

 米紙ニューヨーク・タイムズは「日本経済が停滞している今、五輪の延期は、深刻な打撃を与える可能性がある」と指摘した。

 

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus