メーカー

いすゞ2万台リコール 排ガス基準値超えの恐れ

 いすゞ自動車は2日、排ガス発散防止装置のホースが破損し、ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)が基準値を超える恐れがあるとして、大型トラックの「ギガ」2万1003台(平成29年5月~令和元年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。48件の不具合が確認されているという。国交省によると、同様の不具合で平成30年11月にリコールを届けたが、対策が不十分だったため、再リコールとなった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus