IT

アマチュア無線の試験、急遽中止に 受験者への通知間に合わず

 総務省の委託を受けて日本無線協会が今月4日と5日に全国で予定していた第1級と第2級のアマチュア無線技士の試験について、同協会は3日夜に急遽(きゅうきょ)、中止を決定した。同協会は「新型コロナウイルスの影響を考慮して総務省と協議した結果」としているが、受験者全員への通知はできておらず、試験日の当日、会場に来た人に、中止の旨を伝えるという。

 同協会や総務省は3日夕方までは実施する方針で準備を進めており、産経新聞の取材に対しても「実施する」としていた。直前の方針転換について、同協会はホームページで「中止の連絡が大変遅くなり、ご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 総務省や日本無線協会によると、試験は全国12会場で行われる予定で、4日の第1級の試験には657人、5日の第2級の試験には315人が受験の申し込みを行っていた。新型コロナを受けて実施の可否を検討し、年間3回しか受験機会がないことや、同協会が実施するほかの国家試験も実施したことなどから、当初は実施する方針だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus