メーカー

石屋製菓、新入生に白い恋人贈呈へ 「勇気づけたい」

 石屋製菓(札幌市)は6日、看板商品の人気菓子「白い恋人」を道内の小中高の全新入生約12万人に贈呈するとして、鈴木直道知事に目録を手渡した。新型コロナウイルス感染の終息が見通せない中、子どもを勇気づけるためだとしている。

 同社の石水創社長が「お菓子には人々を幸せにする力があると思っている。新入生には少しでも元気になってほしい」と話すと、鈴木知事は「プレゼントは大きな励みになる。おいしい白い恋人を食べて、学校でみんな笑顔で過ごせると思う」と感謝した。

 石水社長によると、観光客が減少して商品が余る中、従業員から提案があり寄贈を決断した。新入生には6日からそれぞれ18枚入り1箱を配る。

 同社は2月20日から「白い恋人」の製造を停止。4月1日から一部工場で生産を再開した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus