メーカー

米の工場、月内再開困難に ホンダなど停止期間延長

 米国内で新型コロナウイルスの感染拡大が続き、生産を停止している工場の月内再開が難しい情勢となっている。需要減への追加対応を余儀なくされ、ホンダや米航空機大手ボーイングが停止期間の延長を決めた。

 外出や渡航の制限が広がった影響で、3月の米新車販売台数は軒並み激減し、航空需要も大幅に落ち込んだままだ。感染症の終息はなお見通せず、サプライチェーン(部品の調達・供給網)を担う中小メーカーへの影響も深刻化が懸念される。

 ホンダは6日、米国とカナダの工場の停止期間を5月1日まで延長すると発表した。3月23日から稼働を止めており、1カ月以上の生産調整となる。

 トヨタ自動車と日産自動車はそれぞれ4月17日、4月下旬まで停止することを発表しているが、予定通り再開できるかどうかは予断を許さない。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus