IT

楽天「携帯」逆風の船出へ あす本格参入、エリア制約課題

 楽天は8日、携帯電話サービスに本格参入する。新型コロナウイルスの感染拡大によって都市部の販売店で臨時休業を強いられる逆風下での船出となるが、携帯大手3社と比べて格段に安いデータ使い放題プランを打ち出して勝負に出る。ただ、使い放題は自前の通信網がある場所に限られることから、値下げ競争は当面起こらないと見る向きも多い。エリアの制約をいかに迅速に解消するかが、プランの競争力を左右する。

 「落胆モバイル」。3月上旬、月額2980円(税別)のデータ通信使い放題プランを三木谷浩史会長兼社長は「衝撃的な価格」と自画自賛したが、条件が明らかになると、ネット上でプランに落胆したことを揶揄(やゆ)する表現などが目立った。

 携帯大手の首脳が3月に会見した際の反応も手厳しかった。「脅威かを答えるのはまだ早い」(NTTドコモの吉沢和弘社長)。「使い放題と言っていいのか」(KDDIの高橋誠社長)。安さは認めるが、「2台目としての需要にとどまる」(ソフトバンク幹部)として、各社とも直ちに対抗値下げに動く気配はない。

 背景には楽天の制約の大きさがある。基地局を整備した東名阪の都市部を除くほとんどの地域でKDDI(au)の通信網を借りており、月に利用できるデータ容量は2ギガバイト(ギガは10億)だけ。「2ギガで2980円の料金水準では競争力はない」との声も聞かれる。

 しかし、期待外れ一辺倒というわけでもなさそうだ。調査会社MMD研究所が3月に2000人を対象に行った調査によると、楽天の新プランを「魅力的に感じる人」は全体の46.9%で、「半年以内に乗り換えを検討している」人のうち6割超が魅力的に感じている。

 「シンプルで分かりやすい良いプランを出したと思う」。楽天を後押ししてきた総務省幹部の評価も悪くはない。

 今後の焦点はデータ使い放題のエリアをどれだけ早く広げられるかだ。総務省には3月末に3432局の基地局を整備する計画を提出していたが、実際は「4400局を超えた」(広報部)といい、ピッチが上がってきた。一方で、楽天は試験期間中に数回、通信障害を起こしており、通信品質の確保も不可欠だ。

 楽天は300万人を対象に最初の1年間は月額2980円を無料にするキャンペーンを実施する。これにより当初、利用者が殺到したとしても、使い勝手が悪ければ一気に反感を買う恐れもある。利用者本位で携帯事業者としての足場をいかに早く築けるかが、携帯3社の寡占を崩すための鍵を握る。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus