サービス

外食産業、売上高過去最大の下げ幅 3月は17.3%下げに

 日本フードサービス協会が27日発表した3月の外食売上高(全店ベース)は前年同月比17.3%減となり、東日本大震災が起きた2011年3月の10.3%減を抜き、過去最大の下げ幅となった。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた自粛要請を受け、居酒屋やディナーレストランでは歓送迎会などの宴会需要が落ちたほか、一部で臨時休業に踏み切ったことが響いた。緊急事態宣言発令後の4月は、3月を上回る下げ幅となる可能性が高いとみられる。

 主な分類別では、パブ・居酒屋43.3%減▽ディナーレストラン40.5%減▽喫茶24.7%減▽ファミリーレストラン21.2%減▽ファストフード6.9%減-だった。

 飲酒を伴う夜の食事が中心のパブ・居酒屋やディナーレストランは、2月最終週の政府のイベント自粛要請から、繁華街にある店を中心に客足減少に見舞われた。3月下旬の東京都による週末の外出自粛要請を受けて臨時休業に入る店も増え、3月の客数が6割程度と大幅に落ち込んだ。

 4月はさらに厳しい。7都府県の緊急事態宣言発令と、東京都による外食産業への時短営業を求める“東京基準”の公表で「臨時休業や時短営業が全国に拡大し、夜はほぼ休業。4月中旬までで、前年同月の数%~20%程度の売り上げという企業もある」(協会担当者)という。

 外出自粛で3月の外食売上高は急減

 (分類/前年同月比増減率)

 ・外食全体/▲17.3%

 ・ファストフード/▲6.9%

 ・ファミリーレストラン/▲21.2%

 ・パブ・居酒屋/▲43.3%

 ・ディナーレストラン/▲40.5%

 ・喫茶/▲24.7%

 ・その他/▲38.3%

 ※▲はマイナス。日本フードサービス協会の資料を基に作成

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus