サービス

「うどんすき」の東京美々卯が全店閉店へ コロナ影響、関西は継続

 名物「うどんすき」で知られる飲食店「美々卯」を関東で展開する「東京美々卯」(東京都中央区)が全6店舗を閉店することが19日、分かった。ホームページ上で明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大による外食自粛で売り上げが落ち込んでおり、事業の継続が困難だと判断した。会社は近日中に清算する見通し。関西で展開する「美々卯」(大阪市)は営業を続ける。

 東京美々卯は大阪の美々卯がのれん分けする形で昭和48年に設立。東京に4店舗、千葉、神奈川に各1店舗を展開している。6店舗のうち4店舗は百貨店の中に入っており、コロナ禍による臨時閉館で休業を余儀なくされていた。

 ホームページによると美々卯のルーツは江戸時代の料亭で、昭和3年に魚介類や肉、野菜などの具をうどんと一緒に食べる鍋料理で看板商品のうどんすきを考案したという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus