サービス

セブンがコンビニ初の生命保険販売へ 非対面契約、全国2万店で取り扱い

 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは8日、三井住友海上あいおい生命保険と提携し、全国約2万店で生命保険の販売を始めると発表した。生保業界では営業職員の対面販売が原則だが、新型コロナウイルスの感染拡大で顧客と会うのが難しい状況にある。コンビニで契約できるようになれば、保険加入の新しいあり方となる。

 16日からがん保険の販売を開始する。コンビニ業界では、これまで自動車保険や1日レジャー保険などの取り扱いはあったが、生保の商品を扱うのは初めてという。

 店舗にあるマルチコピー機を使って手続きし、レジで保険料を支払う。保険の販売資格を持つ職員をそろえた専用のコールセンターも設置し、商品や申請方法の不明点などについて、24時間相談を受け付ける。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus