サービス

大手外食がレジ袋有料化回避へ 持ち帰り増、衛生面重視

 7月からプラスチック製買い物袋(レジ袋)を有料化する国の制度が始まるのを前に、大手外食チェーンが有料化を回避する方向で準備を進めていることが15日、分かった。環境に配慮したバイオマス原料を用いたレジ袋へ切り替え、従来通り無料提供を続ける。新型コロナウイルス感染拡大に伴い持ち帰り販売の利用も増えており、衛生面や顧客利便性も重視。有料化に踏み切る場合が多い流通各社と一線を画す格好だ。

 大手牛丼チェーンの吉野家は無料化に向け、バイオマス原料を25%用いるレジ袋へ、順次切り替える。客が持参した袋では衛生面に不安があることに加え、レジ袋の要・不要を確認する作業は「新型コロナを意識して店内の滞在時間を短くしたいから持ち帰る、という客の要望に沿う形にならない」とする。

 容器包装リサイクル法の省令改正で、7月からプラ製レジ袋は有料化となる。1円以上の価格を設定する必要があり、消費税率は10%だ。有料化の対象外となるレジ袋はバイオマス原料を25%以上含む素材や、厚みが規定(50マイクロメートル)以上で繰り返し利用可能な袋などに限られる。

 食品は酒類などを除けば持ち帰りは税率8%で、外食各社がレジ袋を有料化すれば、商品とレジ袋で別々の税率での支払いを求めることになる。商品価格をレジ袋代を含んで設定することもできるが、レジ袋を不要とした客にはレジ袋分の返金が必要で、対応が煩雑になることも予想される。

 回転ずしチェーン「無添くら寿司」は持ち帰り用のすしおけを入れる袋について、無料化のため7月から一斉に切り替えを実施する。新型コロナ禍で持ち帰り需要は急増、5月の大型連休時は最大で前年同期比3倍を記録した。新常態の中で持ち帰りも浸透しており「エコバックなど形状がすしおけに適したものがない。コストアップになるが経営努力で吸収する」(広報担当者)という。

 ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」や天丼チェーン「天丼てんや」を運営するロイヤルホールディングス(HD)はバイオマス原料25%入りのレジ袋へ切り替え中だ。ロイヤルホストでは商品に応じて2種類のレジ袋を使い分けているが、7月からは1種類へ変更し、無料提供する。

 すかいらーくHDや日本マクドナルドは、既に環境負荷軽減のためバイオマス原料を使ったレジ袋に切り替え済みという。(日野稚子)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus