話題・その他

オンライン商談で名刺交換OK クラウド名刺管理利用で

 クラウド名刺管理のSansan(サンサン)が16日、オンラインによる名刺交換サービスを始めた。テレビ会議システムなどによるオンラインでの商談が増えており、新サービス投入で新たなユーザーを取り込む。

 新サービスは法人向けクラウド名刺管理サービスの「Sansan」を利用している人なら誰でも利用できる。スキャナーでパソコンなどに名刺を取り込む。その後、名刺送付用のホームページアドレスを電子メールなどで送付する。名刺が届いた人はホームページにアクセスして名刺画像を保存し、自身がすでに取り込んでいる名刺データを送り返す。

 Sansanユーザーでない人にも送れる。その場合届いた人は、名刺画像の保存の際に表示される専用の2次元バーコードをスマートフォン(高機能携帯電話)のカメラで撮影。専用サイトに自動接続した後、自身の名刺を撮影して送り返す。

 7月には同社の個人向けサービス「Eight(エイト)」でもオンライン名刺交換ができるようにする。また、オンライン商談システムを手がけるベルフェイス(東京都渋谷区)やオンライン展示会システムを手掛けるエボルト(同)、イベントハブ(東京都新宿区)などとも機能連携を予定している。

 オンラインによる名刺交換は、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議や日本経済団体連合会(経団連)でも推奨されている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus