話題・その他

商品化に3年…埼玉「越生梅」ご当地チューハイ発売

 宝酒造は、埼玉県越生町産の梅を使ったご当地チューハイ「寶CRAFT<埼玉 越生うめ>」を発売し、16日、担当者が埼玉県庁を訪れ商品をPRした。

 越生町で育てられた梅の果汁とピューレを熟成焼酎に加えて作った。果肉の厚み、香りといった梅の持ち味を生かすことにこだわり、商品化までに3年かけたという。

 宝酒造首都圏支社の三浦芳裕販売部長は「埼玉を代表する梅を使わせてもらったので、強い責任感を持って商品化に取り組んだ。新型コロナウイルスの影響で苦しむ梅農家への支援にもつながれば」と語った。

 1本(330ミリリットル入り)税抜き価格298円。首都圏のスーパーや土産店などで販売しており、年9万6千本の売り上げを見込んでいる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus