金融

7月のフラット35、最低金利3カ月ぶり上昇

 住宅金融支援機構は1日、返済期間が最長35年の長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の7月の金利を発表した。返済が21年以上は1・30~2・06%、20年以下は1・23~1・99%で、最低金利はいずれも3カ月ぶりに上昇した。

 住宅購入価格に対する融資率が9割超の場合は、21年以上が1・56~2・32%、20年以下では1・49~2・25%だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus