話題・その他

千葉・御宿町観光協会のCFがピンチ 期限まで残りわずか

 新型コロナウイルスの影響で観光客が減り、海水浴場も開設しないことが決まった千葉県御宿町の観光協会が「経験したことのない危機的状況」と町の宿泊施設、飲食店、商店を救おうと先月から始めたインターネットで資金を集めるクラウドファンディング(CF)が、目標額を集められるかどうかのピンチに立たされている。12日中に目標の600万円に達しない場合、CFは成立しない。観光協会は“最後のお願い”に懸命だ。

 資金を募っているCFサイトで、観光協会は「お宿や飲食店、商店を開けてもお客さまが来ない状態が、これ以上続くと資金不足に陥り、たちまち事業継続ができなくなってしまいます。自助努力ではどうにもならないところまで落ち込んできています。コロナは収束の可能性が見えず、御宿町観光は衰退するばかり。このままでは、廃業する店舗が数多く出てしまいます」と窮状を報告。その上で「御宿町を応援いただける皆さま、御宿町を愛する皆さま、私たちは最高の笑顔があふれる御宿町観光が必ず戻ってくることを信じて頑張ります」と支援を求めている。

 観光協会の吉清文夫会長によると、4、5月は宿泊客が前年同期比98%減だったが、6月も宿泊客は戻らなかったという。

 CFには町内の宿泊、飲食、商店計47店が参加。参加店全体を応援する1口3千円で入浴剤「御宿の湯5個セット」のお返しと、応援する店舗を決めて1口5千円で5500円の「応援チケット」を受け取る2種類がある。

 期限の12日までカウントダウンに入ったが、7日午後5時ごろまでに集まったのは約417万円。「心ある人に働きかけをするなどしているが苦戦している。もう日にちもない。みなさんの支援をお願いします」と吉清会長。成立しない場合は支援者に返金される。

 支援はCFサイト「CAMPFIRE」で「御宿町観光協会」を検索。問い合わせは、町観光協会(0470・68・2414)。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus