メーカー

トヨタが紹介採用制度を導入 ITに強い人材獲得目指す

 トヨタ自動車が、社員の紹介を基に中途採用を行う「リファラル(紹介)採用」制度を導入したことが8日、分かった。自動運転など先端技術での研究開発競争が進む中、優秀で多様な人材の獲得を強化するのが狙い。

 紹介採用は新興企業を中心に広がってきたが、国内メーカー最大手の導入で、新たな手法として普及が加速しそうだ。

 関係者によると、トヨタは6月に制度の運用を始めた。社員は自身の人脈を生かして知人に採用選考への応募を促し、人事部門に紹介する。社員に報酬はない。

 必ず採用するとは限らず、能力に基づいて選考する。選考過程で通常より優遇することはないという。

 自動車業界は「100年に1度の大変革期」(豊田章男社長)を迎え、自動運転や電動化などの「CASE(ケース)」と呼ばれる新領域で、国内外で他業種を巻き込んだ主導権争いが激化している。トヨタは制度を活用し、ITに強みを持った人材の獲得を進めたい考えだ。

 紹介採用制度は、社員からの報告を基に応募者の能力を人事部門が事前に把握できる一方、応募者も社員を通じてビジネスや文化を熟知した上で選考に進むのが特徴だ。

 企業は一定の能力があって自社に理解がある人を採用でき、応募者も働く環境に納得した上で転職できる。

 採用後に双方に誤解が生じにくいメリットがある。能力でなく血縁を重視する縁故採用とは異なる。

 紹介採用はフリーマーケットアプリ最大手のメルカリや、LINE(ライン)などに加え、富士通なども導入している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus