メーカー

ブルックスブラザーズが破産法を申請 米最古の紳士服もコロナ禍

 200年余りの歴史を持ち米国で最古と称する老舗紳士服ブランド、ブルックスブラザーズが8日、連邦破産法11条の適用を申請した。新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが落ち込んだほか、重い債務負担も影響した。

 同社の資産・負債額はともに5億ドル(約537億2000万円)以上。新型コロナで企業のオフィスビルの閉鎖が相次ぎ、スーツなどの需要が激減したことで大きな痛手を受けた。破産法の適用申請により、営業を続けながら再建・債務返済計画の策定を進める。

 同社は1818年、ニューヨークのロウアーマンハッタンに第1号店をオープン。1979年に、初の海外店舗として東京に旗艦店をオープンしたのを皮切りに米国の国外で250店舗以上を展開した。同社の質素で古典的なスーツはウォール街などで金融マンの定番となり、第16代のリンカーンをはじめ歴代大統領にも愛用された。最近は紳士服だけでなく、婦人服、子供服も手掛けている。

 米国では新型コロナ感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)で、歴史ある小売企業の経営破綻が相次いでいる。高級百貨店のニーマン・マーカス・グループ、衣料品小売りのJクルー・グループもコロナ禍の中で破産法の適用を申請した。(ブルームバーグ Rick Clough)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus