話題・その他

決済系ITベンチャーのクアドラッグ INCJなどから約12億円調達

 決済系ITベンチャーのクアドラック(東京都港区)は13日、ベンチャーキャピタル(VC)のSBIインベストメント、INCJ(旧産業革新機構、同千代田区)などから総額12億円の資金調達を完了したと発表した。

 同社は交通機関向け決済用サーバー「Q-CORE(キューコア)」や通信機器の開発、製造を手掛けている。調達した資金はこのサーバーの販売、さらに決済サービスの普及に向けた人材の採用などにあてる。

 沖縄都市モノレールは今年3月、改札処理システムにキューコアを導入。これにより同社線のみで使えるIC乗車券「OKICA(オキカ)」に加えて、JR東日本のIC乗車券「Suica(スイカ)」など他の交通系IC乗車券でも利用できるようになった。沖縄を訪れるビジネスマンや観光客の利便性向上につなげた。

 クアドラックは平成21年に設立。INCJからの資金調達は平成30年12月に続き2回目となる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus