サービス

飲食店のお持ち帰り販売を支援 伊藤忠が注文用サイト提供

 伊藤忠商事は28日までに、飲食店向けのテークアウト支援のサービスに乗り出した。消費者がスマートフォンやパソコンで注文から決済まで済ませられるウェブサイトを立ち上げ、飲食店側は無料でメニューの掲載などができる。新型コロナウイルス感染拡大に伴って持ち帰りの需要が高まっており、参入を後押ししようと楽天も同様のサービスを実施している。

 伊藤忠のサービスは「おもちかえり.com」で、6月から本格的に提供。消費者はクレジットカードで決済し、調理が済んだかどうかをLINE(ライン)などの通知を受けて確認した上で店に取りに行く。経営を援助するため、購入金額に上乗せして支払う「心づけ」機能もある。

 飲食店側の負担は決済手数料のみで、サイト開設などの費用や時間をかけずにテークアウトを始められる。伊藤忠は食品流通業界に幅広いネットワークを持つ強みを生かし、サービスの普及を目指す。飲食店や食品関連の企業との取引拡大につながることも期待している。

 新型コロナの影響で宴会や会食が自粛され、飲食店の経営は厳しくなっている。楽天のテークアウト支援では、飲食店が10月末まで注文・決済用のサイトを初期費用や月額利用料なしで使える。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus