IT

唾液PCR検査の会社設立 ソフトバンクG

 ソフトバンクグループ(SBG)は29日、唾液を用いて新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を提供する子会社「新型コロナウイルス検査センター」を設立したと発表した。唾液検査は、鼻の奥の粘液を採取する方法よりも安全とされており、簡単に感染を確認できる環境を整える。

 子会社は国立国際医療研究センターと協力し、SBG傘下企業の従業員を対象に試験的に検査を始めた。今後は福岡ソフトバンクホークスの選手らにも実施する。希望する自治体や企業にも検査キットを提供し、実費負担だけで検査ができる状況を整備する。

 唾液検査を高頻度で実施することによって感染拡大を防止する効果がどれだけあるのかなども検証する。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus