IT

チリ政府、海底ケーブルで日本案採用

 チリ政府は29日までに、アジア・オセアニアとのデータ通信を強化するために敷設する光海底ケーブルについて、ニュージーランド経由でオーストラリアにつなぐ約1万3000キロのルートに決定したと発表した。日本政府が提案していたルートが採用された。NECなど日本企業がケーブルの受注で優位になる可能性が高まった。すでにオーストラリアと東京を結ぶケーブルが敷設されており、完成すればチリと東京がつながる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus