IT

楽天携帯、来年に自社通信網96%に 三木谷氏

 楽天の三木谷浩史会長兼社長は11日の決算会見で、4月に本格参入した携帯電話サービスで通信網に使う基地局整備計画を5年程度前倒しする考えを明らかにした。6月時点の約5700局から、来年中には約2万7千局超にする。実現すれば、国内人口の96%を自社通信網でカバーできることになり、携帯事業が一気に軌道に乗る可能性がある。

 楽天の携帯基地局整備は大幅に遅れ、サービス開始が半年ほどずれ込んだ経緯がある。三木谷氏は「ご心配をおかけしたが、爆発的なスピードで(整備が)進んでいる」と強調。来年3月に人口カバー率7割を達成し、その後数カ月でさらに上積みする考えという。

 大幅な前倒しが可能となった理由については「一番難しい都市部を乗り切ったのが大きい」と説明。都市部では携帯大手の基地局がひしめき合って新たな設置場所が限られ、当初は苦戦していたが、整備にめどがついたもようだ。

 楽天の携帯プランは月額2980円で自社の通信網があるエリアのデータ通信を使い放題とし、安さを求める消費者を狙う戦略だ。自社通信網が広がるほど競争力が高まる。三木谷氏は初期投資も前倒しとなるが「利用者獲得や将来の収益にはプラス」と語った。

 楽天が11日発表した令和2年6月中間期の連結決算は、新型コロナウイルスの流行による巣ごもり消費の拡大でインターネット通販が増え、売上高にあたる売上収益は前年同期比15・7%増の6787億円。携帯事業への先行投資がかかり、最終損益は274億円の赤字(前年同期は1002億円の黒字)だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus