サービス

大阪メトロが初の赤字 コロナで地下鉄利用減少

 大阪メトロが11日発表した令和2年4~6月期連結決算は、最終損益が39億円の赤字(前年同期は58億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道利用者が大幅に減少したことが響いた。大阪メトロによると、四半期ベースの赤字は平成31年度に開示を始めてから初めて。厳しい環境が続くことが予想されるため河井英明社長らの役員報酬を減額する。

 本業のもうけを示す営業損益も62億円の赤字(前年同期は85億円の黒字)。売上高に当たる営業収益は前年同期比42・4%減の271億円だった。

 主力の鉄道事業は政府の緊急事態宣言が発令された4~5月の落ち込みが特に大きかった。バス事業や、梅田地区などで地下街の運営を手掛ける流通事業も減収だった。

 令和3年3月期の業績予想については、新型コロナの収束時期が見通せないことから引き続き未定とした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus