サービス

ドンキが通期で最終益503億円、過去最高更新

 ディスカウント店「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)が12日に発表した令和2年6月期連結決算は売上高が前期比26・6%増の1兆6819億円、最終利益が6・9%増の503億円で、ともに過去最高を更新した。

 ドンキを含むディスカウントストア事業の売上高は10・0%増だった。ドンキでは新型コロナウイルスの感染拡大で訪日外国人による免税売上高が減ったものの、マスクやハンドソープの販売が伸びたことでマイナス影響を緩和できた。

 総合スーパー事業の売上高は、「ユニー」を完全子会社にしたことで84・8%増となった。コロナの関連では、外出自粛に伴う「巣ごもり需要」で食品などが好調だった。3年6月期の連結業績予想は売上高が1・1%増の1兆7000億円、最終利益は1・4%増の510億円を見込む。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus