サービス

ライザップ赤字27億円 臨時休業響く

 経営不振に陥っているRIZAP(ライザップ)グループが12日発表した令和2年4~6月期連結決算は、最終損益が27億円の赤字だった。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言でフィットネスジムなど約7割の店舗を臨時休業したことが響いた。赤字幅は前年同期の1億円から拡大し、4~6月期としては3年連続の赤字となった。

 売上高に当たる売上収益は前年同期比25・8%減の378億円だった。

 ライザップなどヘルスケア・美容事業の営業損益は17億円の赤字だった。子会社の衣料専門店ジーンズメイトも訪日外国人の激減の影響を受け、免税売上高が落ち込むなど振るわなかった。休業中の人件費や家賃など15億円をコロナの関連損失として計上したことも業績を下押しした。

 3年3月期の業績予想は引き続き未定とした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus