PC Watch

有機ELディスプレーを長寿命化

 ■NHKと日本触媒、省エネ新材料開発

 NHKは日本触媒と共同で有機ELディスプレーの長寿命化、省電力化を実現する新材料を開発した。

 有機ELディスプレーでは、電子が陰極から電子供給層を通じて運ばれ、発光層で正孔と結合することで発光する。この電子供給層にはリチウムなどのアルカリ金属が主に利用されており、陰極から電子を取り出す際に必要なエネルギーの大きさは、ディスプレーの電力消費に直結する。

 今回開発した「フェナントロリン誘導体」は、電子供給層に用いることで陰極を構成する金属元素と強く配位結合するため、より少ないエネルギーで陰極から電子が取り出せる。研究グループではこれを利用して、世界最高レベルの電力効率を実現する有機ELの試作に成功した。

 フェナントロリン誘導体はリチウムなどと比べて酸素や水分と反応しづらいため、ディスプレーの長寿命化にもつながるとしており、今後も長寿命で省電力なフレキシブル有機ELディスプレーの早期実用化に向けて研究開発を進めていくという。(インプレスウオッチ)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus