話題・その他

「農業×福祉『農福連携』」(上)親が安心、障害者の自立を育む畑 (2/2ページ)

 重度の知的障害がある黒木貫智さん(19)も帝人社員の息子。力強いペンチさばきで胡蝶蘭の支柱作りに黙々と励む姿を、母親(49)がのぞいていた。「私が手伝わなくちゃ…くらいの気持ちで来ましたが、思っていた以上に1人でできている」と、瞳をうるませる。「今も『(幼児教材のキャラクター)しまじろう』の動画が好きで精神は幼いままですが、朝のお弁当作りを手伝ってくれたり、自発的に出勤の準備をやっている。職場を作っていただいたことに、感謝しています」

 企業規模が大きくなるほど、障害を持つ子供がいる社員も多くなるだろう。農福連携の特例子会社は、新しい形の福利厚生事業といえそうだ。次回は、農福連携の高収益事業、胡蝶蘭栽培の“本家”を取材する。

 ■特例子会社 障害者の雇用安定に特化、配慮した会社で昭和62年、障害者雇用促進法改正により法制化。特例子会社の障害者雇用が親会社の法定雇用率(2・2%)に反映されるメリットがあり、令和元年6月時点で517社にのぼる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus