メーカー

DCMが島忠の買収検討、TOBか 実現ならホームセンター首位に

 ホームセンターのDCMホールディングスが同業の島忠の買収を検討していることが19日、関係者への取材で分かった。島忠への株式公開買い付け(TOB)を検討しているとみられる。実現すると売上高は5000億円を超え、業界首位のカインズ(埼玉県)を抜いてトップになる。

 ホームセンター業界ではドラッグストアなど他の小売業との競争が激しくなっている。6月には新潟県を中心に「ホームセンタームサシ」を展開するアークランドサカモトがLIXIL(リクシル)ビバを完全子会社化すると発表するなど、業界再編の動きも出ている。

 DCMはホーマックやカーマなどを全国に600店超展開する。2020年2月期は売上高に当たる営業収益が4373億円だった。埼玉県などで約60店舗を展開する島忠は19年8月期の売上高が1463億円だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus