サービス

30年ぶり一新の団体専用列車を個人向け運行 近鉄が臨時列車

 近畿日本鉄道は19日、30年ぶりにリニューアルした団体専用列車「楽(らく)」の個人向けの運行を始めた。9~10月の土日と祝日に計10日間、臨時列車として大阪上本町-五十鈴川(三重)間を各日1往復する。

 「楽」は4両1編成の修学旅行や団体旅行用の専用列車。リニューアルした車両を個人でも楽しんでもらおうと臨時列車の運行を決めた。新型コロナウイルス対策で、定員は座席数の半分以下の70人とした。

 19日は午前9時半ごろ大阪上本町駅を出発。漆の色を基調とした車両に、多くの鉄道ファンがカメラを向けていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus