サービス

エアバス、2035年までにCO2ゼロ航空機 燃料に水素

 欧州航空機大手エアバスは21日、二酸化炭素(CO2)の排出をゼロにする旅客機「ZEROe」の概要を発表した。燃料として水素を活用する。2035年までに実用化する計画だ。航空機業界でも気候変動問題への対処が求められる中、環境対応の機体投入を急ぐ。

 エアバスが発表した「ZEROe」は3機種。そのうち客席数が120~200席の機体は、改良したガスタービンエンジンで水素を燃焼して飛行し、航続距離は3700キロ以上。従来機と異なり、主翼と機体が一体化したデザインの機種もある。

 エアバスは声明で、普及には水素の輸送や供給のためのインフラを空港に整備する必要があると指摘、関係国政府の支援の重要性も訴えた。フォーリ最高経営責任者(CEO)は「旅客航空産業全体にとって歴史的な瞬間だ」と意義を強調した。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus