メーカー

三菱自、ekワゴンなどサブスク開始 購入より割安感

 三菱自動車は1日、月単位の定額料金で車を貸し出す「サブスクリプション」の新サービスを始めた。

 対象はプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」や軽自動車「ekワゴン」など7車種。自動車でも「所有から利用へ」という消費行動の流れが強まっていることに対応し、新車購入と比べた割安感などを打ち出し利用者を増やす狙い。

 新サービス「ウルトラ マイカープラン」は契約期間3年、4年、5年から選ぶことができ、ekワゴンを5年契約した場合は、毎月2万8930円が支払いの目安となる。料金は自動車保険料や車検代などを含む。22歳の契約者が新車で購入し、5年後に売却した場合より総額の支払いは抑えられるという。

 対象車種は今後拡大する予定。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus