メーカー

第29回「地球環境大賞」 あいおいニッセイ同和損保を表彰

 第29回「地球環境大賞」(主催・フジサンケイグループ)の大賞に選ばれたあいおいニッセイ同和損害保険に対する贈呈式が1日、東京都渋谷区の同社本社で行われ、金杉恭三社長に大賞の賞状とトロフィーが手渡された。

 同社は、自然災害発生時の被災状況などを予測・発信する「cmap.dev(シーマップ)」をエーオンベンフィールドジャパン(現エーオングループジャパン)、横浜国立大学との産学協同研究で実現。防災・減災に貢献できる点などが高く評価された。

 贈呈式には金杉社長のほか、協同研究者であるエーオングループジャパンの谷水克哉社長、横浜国立大学の筆保弘徳教授も出席。金杉社長は「巨大台風などに伴う自然災害が多発している。このシーマップを多くの人が活用し、防災・減災に役立てていただけたら幸いです」と述べた。

 第29回「地球環境大賞」は当初、4月8日に授賞式を行うことにしていたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止を決定。受賞企業を訪れ、賞状とトロフィーを贈呈することにしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus