IT

米IBM、IT基盤サービスを分社化 クラウド注力へ

 米IBMは8日、企業のIT基盤の設計や運用といったサービスを手掛ける部門を分社化すると発表した。2021年末までに分離し、新会社として上場させる。IBMはクラウドサービスや人工知能(AI)を強化する戦略を加速させる。

 IBMから分離する部門の年間売上高は190億ドル(約2兆円)で、全体の4分の1を占める。約115カ国で展開し、従業員は9万人程度という。

 IBMは昨年、クラウド事業強化の一環で、米ソフトウエア会社レッドハットを買収。企業が保有するシステムとクラウドを組み合わせる「ハイブリッドクラウド」の構築に注力している。(共同)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus