サービス

首都圏の終電繰り上げ、影響で最終新幹線で到達可能な駅が5路線で減少

 首都圏の終電時刻繰り上げに伴い、東北、上越、北陸、東海道の各新幹線の最終列車から在来線に乗り換えて行ける駅の範囲が、横須賀線など5路線で狭まる見通しだ。

 JR東日本によると、東北と上越新幹線の最終列車を利用した場合、これまで在来線に乗り継いでたどり着くことができた東海道線大磯-小田原と横須賀線北鎌倉-逗子に到達できなくなる。同様に、北陸新幹線では、東海道線の鴨宮、小田原の両駅と横須賀線北鎌倉-逗子に到着できない。

 東海道新幹線では、青梅線の西立川-青梅、南武線の中野島-稲城長沼、横須賀線の東逗子-久里浜、常磐線の天王台と取手の両駅に行けなくなる。

 各新幹線のダイヤが現在と変わらないと仮定し、東京、上野、大宮、品川、新横浜の各駅で接続するJRの在来線に乗り継ぐケースをJR東が調べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus